山梨県・山梨のグルメ・観光・エリアガイドならパルピー!
ParuPiパルピー パルピーメンバー募集  
HOME グルメ レジャー ショップ ビューティ リラックス レッスン ライフ

 

 

桃の生産量日本一を誇る山梨市。

ここでは、温室桃に続いて6月下旬〜9月中旬、さまざまな品種の露地栽培桃が次々と収穫期を迎えます。そんな旬を控えた6月18日、低農薬栽培による旨味たっぷりの桃が評判の「ピーチ専科 ヤマシタ」を訪問しました。

 

案内してくれたのは、園主の山下一公さん。さっそく、化学肥料を抑えて除草剤を使わないという、こだわりの桃栽培について聞いてみました。いわく、「自家製発酵肥料は手間がかかるけれど、根が自ら欲する成分を選んで必要なだけ吸ってくれる。化学肥料は水分としてどんどん吸収されてしまうので、かえって使い方が難しいんだよね(笑)」。つまり、桃そのもののおいしさを最大限に引き出す基本は、土作りにあり!を実践しているわけです。

 

(写真:広大な敷地を案内してくれる園主の山下一公さん)

そこで、こうして作られた桃はどのくらいおいしいのか…? フルーツのおいしさは糖度が決め手ということで、すでに 収穫済みの温室桃を糖度測定器で調べてみました。
すると、合格ライン12以上の基準に対し、どれも15以上の糖度をマークしています。
これは露地栽培の桃にも、大いに期待できるはず!!

 

(写真:温室桃の糖度は、どれも合格ラインを大幅に上回っています)

ちなみに、ピーチ専科ヤマシタではいわゆる桃狩りは実施せず、来園&宅配にて直販のみを行っています。
そんな手渡し感覚&良質厳選の安心感も、人気の秘密なのかもしれません。

 

(写真:温室桃も実が大きく、とってもジューシー)

次のページへ

 

特集一覧へ戻る

ページTOPへ